外装リフォーム

■定期的な塗装工事で健康な住まいを維持

塗装は外壁や屋根を美しく魅せるだけでなく、本来の役割は紫外線や雨風から住まいを守ること!
塗料が持つ“防水性”の効果が持続している間は健康な状態を保てますが、塗膜が劣化したままの状態を放置していると、雨漏りしたり外装材を傷める原因になってしまいますので、定期的なメンテナンスは必要不可欠。

▼まずは塗膜の状態をチェック!▼

・外壁に触れると白い粉がつく(チョーキング)
・細かいヒビが壁に入っている(クラック)
・カビやコケ、藻が繁殖している
・塗膜が剥がれてきている
上記のような症状が出ている場合、そろそろ塗り替えのタイミング。

※一般的に、外壁よりも過酷な環境にある屋根は、外壁と同等、もしくはそれ以上に劣化している可能性が高いということ。
しかし、お客様自身での確認は大変危険ですので、屋根の状態確認はクラ・シア ワークスまでご依頼ください。

 

■屋根の劣化が進行すると、塗装工事では対応できないことも

塗膜の劣化は塗装工事で解決できますが、屋根の下地にまでダメージが及んでいる場合、状況によっては屋根の葺き替え工事が必要。
大規模な工事になりますので、塗装工事と比べると工期も費用も高くついてしまいます。
そうならないためにも、比較的劣化が軽微な間に対処することが大切です。

屋根の葺き替え工事というのは、下地の劣化から新しい状態に生まれ変わらせる工事ですので、劣化がひどい場合や築年数が古い建物に対して行います。
塗装工事で対処できるか、葺き替え工事は必要か、一軒一軒の住まいの状況を見極めて、最善のプランをご提案いたします!

 

■シーリング工事にも対応可能!

シーリングというのは、外壁の目地やサッシの隙間に施されているゴム状の詰め物のこと。
シーリングは、建物内部に雨水が浸入するのを防ぎ、地震などによって建物に負荷がかかるのを軽減するという重要な役割を担っています。

5年~10年で劣化してきますので、シーリングが痩せていたり、溝に隙間が空いていれば要注意。
空いた隙間から雨水が浸入するため、雨漏りしたり、建物内部の腐食の原因になります。

シーリングの状態に合わせて、増し打ちや打ち替え工事を行いますので、痩せ・剥がれ・硬化などの症状が出ている場合、まずはお気軽にご相談ください。

【代表直通】080-1800-1469
【営業時間】8:00~18:00(定休日:日曜日)
【メール】こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【対応エリア】花巻市を中心とした近郊エリア

一覧ページに戻る